​施術内容

遠絡統合医学
 この新しい医学は、故・柯尚志医師が痛みを訴える患者様に、
決して対症療法や緩和医療ではなく、「根本治療」としての医療を行い、痛み・しびれなどの苦悩を取り除き、心から安らかに喜んでもらおうと考案・創設したものです。
 「打撲や捻挫などの局所に原因があるもの以外はすべて、中枢に原因がある」という定義に対し、中医学(東洋医学の基)的に中枢にアプローチしていきます。
 具体的には、問診・体表観察から障害(滞り)を受けているライフフローと中枢レベルを特定し、それを改善するように手足の五輸穴を押し棒(写真中央)で刺激をしていきます。
​※ 治病救人 医生済世
 柯先生がいつも私達に教えてくれた言葉です。
​病を治せばその人は救われ、そのような医療は生命の再生を促し、そして世の中も変わる・・・。(私の机の上に飾ってあります)
インソール療法​

 私は、二十代から足部・足関節の機能と様々な症状(外反母趾・偏平足・足関節捻挫・シンスプリントなどの成長期に多く見られる痛み・腰痛・投球障害)との関係性に興味を持ち、様々な実験や研究を行ってきました。

 その頃、社会人ラグビー部のトレーナーも行っており、ニュージーランドやオーストラリア遠征、外国人選手の関係で、Greg Woolman (Podiatrist)と親しくなり(同い年)、彼の考案したインソールをもとに患者様に合わせて加工・調整を行っています。

​ 他の専門的なインソールや日本の市場にあるインソールと決定的に違う踵の部分が特徴的です。

© 2023 by Natural Remedies. Proudly created with Wix.com

  • b-facebook
  • Twitter Round
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now
千寿堂外観